〈無孔管〉                                (単位:㎜)

〈有孔管〉                (単位:㎜)
呼 称
外 径
φD
ピッチ

波高さ

全 長

参考重量
(kg/本)
使用継手
DSM-350
402
49.0
26.0
5,000
26.9
DSMJ-350
DSM-400
460
49.0
30.0
5,000
33.8
DSMJ-400
DSM-450
518
65.0
34.0
5,000
44.4
DSMJ-450
DSM-500
576
78.0
38.0
5,000
51.9
DSMJ-500
DSM-600
692
98.0
46.0
5,000
70.6
DSMJ-600
DSM-700
804
98.0
52.0
5,000
110.7
DSMJ-700
DSM-800
914
131.0
57.0
5,000
137.4
DSMJ-800
DSM-900
1,022
131.0
61.0
5,000
179.7
DSMJ-900
DSM-1000
1,177
163.0
78.5
5,100
225.0
DSMJ-1000
DSM-1100
1,299
163.0
89.5
5,100
292.0
DSMJ-1100
DSM-1200
1,426
196.0
103.0
5,100
330.0
DSMJ-1200
DSM-1350
1,623
196.0
126.5
5,100
466.0
DSMJ-1350
DSM-1500
1,800
245.0
140.0
5,150
545.0
DSMJ-1500
呼 称
ピッチ

孔 径
φA











 。
使用継手
DSY-350
49.0
13
DSYJ-350
DSY-400
49.0
13
DSYJ-400
DSY-450
65.0
13
DSYJ-450
DSY-500
78.0
15
DSYJ-500
DSY-600
98.0
15
DSYJ-600
DSY-700
98.0
15
DSYJ-700
DSY-800
131.0
18
DSYJ-800
DSY-900
131.0
18
DSYJ-900
DSY-1000
163.0
20
DSYJ-1000
DSY-1100
163.0
20
DSYJ-1100
DSY-1200
196.0
20
DSYJ-1200
DSY-1350
196.0
20
DSYJ-1350
DSY-1500
245.0
20
DSYJ-1500
注1. 寸法規格は、外径±2%、長さ-0、+4%とし、その他は参考規格とします。
注2. 管は谷部で切断されるため、長さLがサイズにより異なります。設計に際してはご注意ください。
注3. 管は外圧管として偏平強度を規格としていることから、断面肉厚に関しては規格を設けておりません。
注4. 規格については、改良のため予告なく変更することがあります。

   接続方法



管を等分にセットし、締め付けバンドを
管頂部にてボルト締めします。



管を等分にセットし、締め付けバンドを
管頂部にてボルト締めします。



管を等分にセットし、ナイロンバンドを
管頂部にて締め付けます。



   加工部品

写真は加工部品の一例です。他の部品も打ち合わせのうえ受注生産いたします。